FC2ブログ

La rive gauche

Dale recuerdos a la noche de mi parte.

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良辰美景奈何天,赏心乐事谁家院

死党曾经沉迷于昆曲,独爱牡丹亭这一出。
偏生我是个对传统艺术么撒兴趣的粗人一个,也并不怎么放在心上。每每听她激动得跟我说起这杜丽娘和柳梦梅,我都打着哈哈混过去。

只是,这次听到说着秦淮河畔烟花之地却流传着这嘤咛的小曲时,还是觉得很有意思的。

小情说她要写个头牌。
突然想起以前看过无数才子佳人的故事里,不乏有不少是写的落魄书生和花魁的故事的。
再美再有情义的女子,在常人眼里看来,也不过是个出来卖的婊子。即使是当初与她们海誓山盟,爱得死去活来的男子,又有多少是会在自己高中得到功名荣华归乡时想起那河边苦苦等待情郎的可怜女人们呢?

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。